オススメの結婚式の引き出物!

結婚式の準備の中でゲストに対するおもてなしに対しては、気を使うことが多いと思います。相手の親族に対して良い印象を持って帰っていただくことはこれから先の親戚付き合いを円滑にするためにも必要です。

好きな物が選べるカタログ

引き出物を選ぶ際に気になるのは配った人が引き出物を気に入ってもらえるかどうかではないでしょうか。配った相手からクレームがくることは無いでしょうが、気に入って頂けたかどうかもなかなか本心が見えないところなので心配になる方も多いと思います。

また、引き出物も、友人と親戚や上司などに別けたいと願う人も少なくありません。

ですが、それをしてしまうと配った際に袋の外から明らかに中身が違うことがわかってしまいます。

気を使い出すと終わりがみえませんが、そういったことを一気に解決することができるのがカタログギフトではないでしょうか。

カタログギフトでは、来賓の方が自宅に戻り自身が欲しいと思うものをカタログの中から選びハガキを郵送するだけです。

商品は宅配されてきますので式場から大きな荷物を運ぶ必要もありません。

また、来賓される方によって引き出物の金額を変えたいかたも、カタログであれば、周りの来賓の方への配慮も必要が無いのもいいですね。

人に意見を求めたい引き出物

自分達だけではどの様にして引き出物を選べばいいか分からない時や、何から手を付けていいのか分からないという時には、人に意見を求めてみるというのはどうでしょうか。

引き出物は人に贈る物ですので、時には人の意見が参考になる事もあります。引き出物について意見を求めるのであれば、まずウエディングプランナーがおすすめですが、実家の家族に聞いてみるのもいいでしょう。

また、なかなか人に意見を求められないという時には、自分達で引き出物について口コミ情報を集める事もできます。引き出物について、成功例はもちろんですが、上手くいかなかった例に関しても、商品選びに活かせる事もたくさんあります。

楽しい引き出物の購入

招待するゲストに対して、どんな引き出物を贈るかという事を考えた際には、きっと楽しい気持ちになる事でしょう。時にはゲストに満足していただかないといけないという気持ちから負担に感じられる事もある様ですが、二人で相談して引き出物を決める事ができます。

また、近頃では引き出物に関する情報も充実していますので、評判やレビューを確認するだけでも、商品選びのヒントが得られる事もあります。

引き出物を選んで決定するというのは長い人生の中でもたった一度きりの事です。どんなに時間が経った時にも、あの時は引き出物選びをして楽しかったと思える事でしょう。きっと準備期間も幸せを実感できる事でしょう。

引き出物の予算はゲストのご祝儀の目安で決める

引き出物の金額というと、披露宴の料理の3分の1から半額、ご祝儀の1割程度が割合的に多いです。

結婚式に参列する招待客が持参するご祝儀の中身はもらってからでないとわからないため、引き出物を決めるときは、親類関係と主賓、会社関係の上司、同僚や友人といった大枠で金額の目安を立てて予算を組むといいでしょう。この大枠とともに、どんなものがいいか設定することで用意がしやすくなります。

例えばカタログギフトならば、高級品やブランドものが掲載された物を主賓に、3,000円程度のものを友人にと贈り分けができ、金額によっては食品やアクセサリー、女性向けや男性向けなどカテゴリーも選択ができます。

引き出物を決めるときのポイント

結婚式の引き出物をどうするかは意外と悩ましい問題です。自分の思い込みだけで判断せずに、自分や相手の出身地域などによっても違う考えもあるということも頭におきながら、アドバイスを受けることも時には必要になります。特に、地域の特色が大きく反映されがちです。

一人あたりに渡す個数の違いや中身のち外、引き菓子として用意するものの違い、金額などの違いもあります。新郎新婦が主体の結婚式という考え方もありますが、両親や家族が主催者側であると考える場合も多くあるため、引き出物についても相談して決めるのがいいでしょう。

引き出物関連