オススメの結婚式の引き出物!

結婚式の準備の中でゲストに対するおもてなしに対しては、気を使うことが多いと思います。相手の親族に対して良い印象を持って帰っていただくことはこれから先の親戚付き合いを円滑にするためにも必要です。

TOP 引き出物 結婚式引き出物 引き出物の数

引き出物の数

今まではあまり気にもせずに友人の結婚式などに出席して楽しい時を過ごしていても、実際に自身んがいざ挙式をする立場になって、色々な注意点や決まりごとがあるのに驚く人も多いと思います。

結婚式へ行くと、必ず配られる引き出物の数に、実は決まりが有るのをご存知でしょうか。

日本では、奇数は縁起が良いと言われています。

引き出物は、お祝い事のお裾分けですから、この縁起を担ぎ、一般的には、奇数にします。

引き出物や引き菓子、ドルチェなど、内容は違えど奇数にして配られます。

5品や7品となると、持ち運びのことを考えると重くなるため、最近ではカタログギフトを選ぶ人も多くなってきました。

持ち込み料の負担と引き出物

提携先以外のお店で引き出物を購入し、ウエディング会場に引き出物を持ち込むとなれば、持ち込み料が発生する事になります。引き出物の持ち込み料の負担が出費に感じられる事もある様です。

しかし、引き出物のためのアイテムを取り扱うお店も増えており、その様なお店の中には引き出物の持ち込み料を負担してくれる場合もある様です。また、ウエディング会場に持ち込むと費用が掛かりますので、外部のお店で購入して、そのお店からゲストの家に商品を届けてもらう事で、持ち込まずに、贈りたい物を自由に選ぶという事も可能になります。持ち込み料の負担は自分達で行う事になりますので、節約したいならぜひしっかりと対策を考えておきましょう。

引き出物関連

引き出物として人気のカタログギフトについて

結婚式で一番喜ばれる引き出物は、カタログギフトといわれています。たくさんある商品の中から自分で選べるところが人気の理由のようです。

最近はカタログギフトも多種多様です。例えば、独身の男性に人気があるのは、セレクトショップのカタログギフトなどです。女性に人気があるのは、雑貨店のカタログなどです。年配の方には、日本各地の名産品を集めたグルメカタログや、日本製の食器や雑貨などが掲載されているカタログに評判があります。

小さなお子さんがいる方には、おもちゃやベビーグッズ専門のカタログも喜ばれます。贈る相手の年齢や立場に合わせてカタログギフトを選ぶと、より喜ばれることでしょう。

メニュー

結婚式の引き出物HOME   引き出物   結婚式引き出物   引き出物宅配   結婚式場   京都結婚式場   結婚式場予約   フォトウエディング   前撮り

思い出に残る引き出物の選び方

結婚式は、人生の一大ステージです。新郎新婦の幸福を形にして招待客にお渡しする贈り物を引き出物といっても過言ではありません。

受け取った招待客にとって邪魔にならず、ふと目にしたときに新郎新婦の姿を思い出し、ふっと微笑んでもらえるような引き出物を贈ることができたら理想的です。新郎新婦のイニシャルをさりげなく入れたものや、二人の好きな物、例えば好きな花や動物などを象徴的に入れたりすることで、贈る側も贈られる側も思いを共有することができますし、愛用してもらうことができるでしょう。

カタログは無難ですが、結婚式を振り返るには、新郎新婦が選んだものがベストでしょう。

ゲストによって引き出物の贈り分けをする

結婚式に参列してくれたお礼として渡される引き出物ですが、多くの人がゲストとの関係性や年代に応じて贈り分けをしているようです。

親族と友人では頂くご祝儀の金額に開きがあることや、若い世代と年配の方では好みも変わってくるため、全員に同じものを贈っても喜んでもらえるかわかりません。性別やゲストの家族構成などに応じて贈り分けをすれば、相手に本当に喜んでもらえる引き出物となるでしょう。

ただし、あまりパターンを増やしてしまうとゲスト間で不公平感が生じてしまいますし、準備も大変です。どうしても贈りたいものがある場合はさておき、ある程度の妥協も時には必要です。