オススメの結婚式の引き出物!

結婚式の準備の中でゲストに対するおもてなしに対しては、気を使うことが多いと思います。相手の親族に対して良い印象を持って帰っていただくことはこれから先の親戚付き合いを円滑にするためにも必要です。

ウエディングプランナーの提案を参考に自分達で決めたい結婚式場や引き出物

自分たち二人の結婚式ですので、自分達や招待する人が満足できる結婚式にしたいですね。

式は初めての事で不安に思う事もあるかもしれません。結婚式場や引き出物等に関してウエディングプランナーに意見を求めてその通りに行う人もいる様です。しかし、常にその通りに従う必要はありません。いいと思う部分は積極的に取り入れるといいでしょう。

ウエディングプランナーに提案してもらった事でも自分たちの意見を重視したいという事があれば、話してみるといいかもしれませんね。

また、実家から離れた所で式を挙げる場合には、ウエディングプランナーは各地の風習まで分からない事もある様です。結婚式場や引き出物等に関しては親に意見を求めるというのもいいかもしれませんね。

1人で使い切れない引き出物

ゲストの中には、一人暮らしをしている人もいれば、家族と一緒に生活している人もいます。1人で使い切れない引き出物を一人暮らしの人に贈ったとしても、困らせてしまう事もあります。

家族がいる場合には、家族と引き出物と分けて使う事もできます。特に食べ物を引き出物として贈ると、賞味期限もあり、食べきれない可能性もあります。一人暮らしの人には、一人でも十分に使い切る事ができる引き出物を選んであげるといいでしょう。

家族構成によっても、欲しい物や必要としている物は異なる場合があります。ゲストの家族構成について考えると、どの様な引き出物を贈ればいいのかという事が、絞り込みやすくなるでしょう。

少人数の挙式で贈る引き出物

コストの関係などから最近では少人数で挙式を挙げる事も少なくありません。その場合には、一人一人に対して、引き出物を贈り分けするなど、気持ちを込めて選ぶ事が可能となります。

人数が多い挙式の場合には、一人一人にぴったりの引き出物を選ぶ事が難しい事もあります。また、余裕があれば引き出物だけを贈るのではなくて、自分達でメッセージを書いて、添えて贈るという事もできるでしょう。また、リボンなどを付けると一味違った引き出物にする事もできます。

あまりお金をかけられないという場合でも、少し手間を加えるだけで、引き出物の印象はかなり違ったものとなる事もあります。
喜んでもらえる事を目指しましょう。

引き出物関連